八正建設株式会社

八正建設は土地の購入から
プランの作成、設計・施工、アフターフォローまで、
住まいと不動産のトータルプロデューサーです。

住所・電話番号

HOME > オーナー訪問記 > Vol.27

オーナー訪問記

一覧へ戻る

Vol.27 

「実用の美」が生む心地よさ
これこそが住まいの理想形です

調布市 T

最初は「騙されたくない!」の一心でした(笑)
 さて5回に分けてお届けした仙川特集もいよいよ最後の一軒。フィナーレを飾るのは「我こそが仙川ファン!」というオーラがなぜかビシビシと伝わってくるT様ご夫妻のお宅です。そう今回は、ご夫婦の2人のお住まい。これまでのお宅とはひと味違った落ち着いた雰囲気が実に新鮮です。
 以前から仙川にお住まいだったというT様が、物件探しを始められたのは2年前のこと。1年かけてようやく出会ったのが、こちらの物件だったといいます。「仲介の人に紹介されて、飛んで見に来ました。まだ更地でしたが、2人ともひと目で気に入ってお願いすることにしたんです」と懐かしそうに語るご主人。とはいえ、初めての家づくり。最初は不安のほうが大きかったと言います。

 「一生に一度の買い物なので、僕らはとにかく『騙されたくない』の一心でした(笑)。打合せにも知り合いの一級建築士(女性)に同席してもらったり、ラフな図面は彼女に描いてもらったりして。今思うとあり得ないようなお願いですよね。それが八正さんは『いいですよ』って言うわけですよ。『建売りなのに!?』ってこっちが拍子抜けするぐらい、良い意味ですごくおおらかなので驚きました。そのうち、逆に知り合いの建築士のほうに『そのリクエストはこの値段じゃ無理だよ』って諌められたりしてね。八正さんのおかげで本当に理想に近い家づくりができたなと思ってます」とご主人。  八正建設でも珍しい二人三脚、いや三人四脚の家づくりのスタートでした。

こだわったのは暮らしに根ざした「実用の美」
 地鎮祭を終え、いざ着工してからもご主人のハラハラどきどきは止むところを知らず。「まるでストーカーのようだった(笑)」というほど、平日も現場に足を運ばれて、愛おしいわが家の出来上がる様子を見学されたそうです。もちろん、その間も細かな打合せは続きます。現場へ足を運び、何度となく打合せを重ねるうちに、担当スタッフとの関係も少しずつ変わってきたと言います。
「いついつまでにコレを決めてくださいって僕たちがやるべきことを上手にスケジューリングしてくれるんですね。だから気持ちに余裕を持って準備したり、進めることができたんですよ。僕らの無理な要望にも真摯に答えようとしてくれてるのが分かるんですよね。確かに構造上無理なこともたくさんありました。でも『この八正さんの担当者が言うならきっとダメなんだな』ってきちんと納得して諦められた。こんなに疑り深い僕が信頼してまかせようと思えた(笑)。これは大きかったですね」とご主人。
 こうして仕上がったT様邸は、そこにいるだけでご夫婦の家への愛情が伝わってくるほど、とにかく居心地がよいのです。「窓はできるだけ多くしてもらいました」という1階南側のLDKには1日明るい日差しが入り、窓から気持ちよい風が抜けていきます。玄関を東側にしたのもできるだけ南側をフリーにしたかったからだそうです。使い勝手のよさそうなオープンスタイルのキッチンに、驚くほどたっぷりの床下収納を備えた和室スペース。あまりに居心地がよいのは、デザインだけに偏らない、地に足の着いた、暮らしに根ざした実用の美があるからだと改めて感じさせられる空間なのです。
 「もともと家にいるのが好きなんですけど、ますます家大好きになっちゃって(笑)」という奥様の言葉にも、なるほどと大きくうなずいてしまいます。

▲「開けられるところはとにかく窓をつけた」というリビング部分。一日自然光で過ごせるという明るさの秘密です

▲奥様がこだわったのがこちらの和室。畳の下はすべて収納スペース。来客用の布団から防災用のストックなどもスッキリ収納

ほぼ想像していた通りの仕上り。上出来です!
 こだわりのリビングイン階段を上がると、ご夫婦の寝室とバスルームなどプライベートな空間がゆったりと続きます。2階のバスルームも最初は『水まわりが2階というのがどうだろう…』と思ってたんですけど寝室も近いし、これは意外と良かったですね」と奥様。
 そして2階には、何よりご主人の夢がギッシリと詰まった自慢の書斎も!ご主人は出版のお仕事をされているというだけあって、天井まで渡した作り付けの本棚に文字通り所狭しと本が並びます。ゆるやかな勾配天井に、トップライトの天窓からは自然光が差し込み、その様子はまるで屋根裏の図書館さながら。「ここだけは僕が本当に好きにさせてもらった部屋なんです」というご主人も、話しながらつい笑顔がこぼれてしまうほど、時間を忘れて大好きな読書に没頭できる大好きなスペースなのだとか。
 また2階には、寝室のほかにもうひとつ6畳間がありましたが、そこは物置のようで、ふだんは使っていない様子です。しかしこの「オーナー訪問記」の取材の半年後その理由が判明しました。T様邸にご長男が誕生したのです。「将来的な子供部屋として、一部屋作ったのです。一軒家を買って、その家でもっと生活を楽しむようになったので、赤ちゃんが我が家にやってきたのかもしれませんね。これも八正さんのおかげというのは褒め過ぎかもしれませんが」とご主人は笑います。
 あちこちと見せていただきながら、お話を伺っていると、お2人とも心からご満足いただいている様子。でもここは一つ思い切って聞いてみます、実際に住んでみて不満はないですか?
 「それが思ったよりなかったんです。自分たちの要望をしっかり伝えて、応えていただいたからかな。玄関のライトのスイッチをもう少し手前にすればよかったとか、細かなところは反省もありました。でもほぼ100%理想の家づくりができたと思いますね」厳しいご主人からお墨付きもいただき、スタッフは喜びもひとしお。
 ゆったりと気持ちよい時間の流れる夫婦の家。暮らしへの悦びがあふれるステキなT様邸でした。
▲ご主人のこだわりいっぱいの隠れ家書斎。デスク前の小窓をのぞけば、豊かな緑が読書で疲れた目を癒してくれます

▲白で統一された洗面スペースからは、サービスバルコニーへもつながり明るさも開放感も十分

一覧へ戻る