八正建設株式会社

八正建設は土地の購入から
プランの作成、設計・施工、アフターフォローまで、
住まいと不動産のトータルプロデューサーです。

住所・電話番号

HOME > オーナー訪問記 > Vol.28

オーナー訪問記

一覧へ戻る

Vol.28 

家族の成長に合わせて
リフォームしながら長く住める家に

杉並区 I

徹底した断熱対策で手に入れた快適
 ご主人は不動産会社でマンション企画のお仕事をされている、住まいづくりのプロ。センスのいい奥様と、やんちゃ盛りの2人の男の子の4人家族。そんなご一家のお宅には、たくさんのこだわりが詰まっていました。
 「この場所に土地を見つけたあと、建物を八正建設さんにお願いしました。以前、八正さんの物件を見ていたこともあり、そのままトントン拍子で(笑)」と語るのはご主人のI様。「基本的なことにはこだわりたかったので、断熱と構造は納得のいくようにしたかったんです」壁と屋根には気密性・断熱性の高い硬質ウレタンフォームを使い、天井裏には調湿効果に優れたサーモウールを入れ、さらに電気とお湯を同時につくるエネファームの採用で、今はとても快適にお過ごしとのこと。「夏は外から帰って来ても、家の中がちょっとひんやりしていますし、冬場も床暖房だけです。おかげで光熱費がずいぶん違います」と、奥様も笑顔です。

昼と夜の2つの顔をもつ
広々としたリビング空間

 お二人で考えられたという間取りは、1階がリビング・ダイニングの、開放感いっぱいのプラン。「LDはできるだけ大きくしたかったので20畳ほどとり、天井も高くして広さを重視しました。テレビやソファも自由にレイアウトができますし、快適ですよ。マンションだとなかなかそうはいかないですからね。収納スペースも、シューズクロークと、2階には大容量のウォークインクロゼット、天井裏収納もつくりましたので、ゆとりをもって暮らせています」
 そんなリビングの先には、陽当たりのいいウッドデッキが。シンボルツリーの「シマトネリコ」が憩いの空間に潤いを与え、夜になると、やさしい光に映し出されます。「ウッドデッキはリビングと一体的に使えるように、フローリングの色に近いものを選びました。その方が、より広く感じられますしね」とご主人。


 作り付けのすっきりとした壁面収納や、天井が高く見えるように天井付けされたカーテンボックスなど、開放感に加え、空間をより広く感じさせるための工夫が随所に施されていました。「実は、キッチンカウンターの上も、仕切りとなる吊り戸棚をあえて付けていないんですよ。目隠しがないので、いつもきれいにしておかないと、というプレッシャーはありますが(笑)」と奥様。
 そのこだわりは2階にもありました。階段を上がると、和室と洋室を合わせた広々とした空間が広がっています。夜には、なかなか寝付かないお子さんたちが走り回るのだそうです。「リビングの他にもう一つ、広い空間をつくって正解でした」とご主人。お話を伺っている間にも、息子さんたちはとんだりはねたり大騒ぎです。

▲開放感いっぱいのリビング・ダイニングには、南からの陽光がたっぷりと降りそそいでいました

▲夏はウッドデッキにプールを出してお友だちと大はしゃぎ。
みんな走り回って大変なのだそう

▲2階に確保した畳敷きの寝室と二間続きの広い空間は、すっかりお子さんの遊び場に

子どもたちの成長を見守るぬくもりの家
 リビングの一角に作り付けのテーブルを見つけました。その日はパソコンが置かれていましたが、家事スペースになったり、将来はお子さんの勉強用テーブルにもなるのだそうです。「マンションでは、よくコミュニケーションスペースとして採用されています。最近は、リビングで宿題や勉強をした方が、子どもの学力が身につくとも言われていますしね」とご主人。そんなお子さんたちの将来の子供部屋は、ちゃんと2階に考えられていました。
 「ゆくゆくは2階の和室と洋室の間に間仕切りを入れて、2つの洋室を子供部屋にする予定です。子どもの成長とともに、部屋の様子もどんどん変わっていくんでしょうね」そう感慨深げに語るご主人。「今はフローリングにクッション材を敷いておかないと、子どもがおもちゃを落として床がぼこぼこになるんです。壁はすでにぶつかったり引っ掻いたりして、かなり傷がついていますが、このクロスはあまり目立たないんですよ。よく見ればわかっちゃいますけどね(笑)」そう語る奥様。
 今と将来の快適がきちんと考えられたお宅には、お子さんの成長を何よりも楽しみにされる、ご夫妻の愛情が溢れていました。
▲今はご主人の書斎として使われている
2階の洋室。将来は息子さんの部屋に
▲玄関に設けられたウォークインシューズ クロゼットは、トランクルームとしても大活躍!
▲将来は、屋根裏部屋がご主人の書斎になる予定

一覧へ戻る