八正建設株式会社

八正建設は土地の購入から
プランの作成、設計・施工、アフターフォローまで、
住まいと不動産のトータルプロデューサーです。

住所・電話番号

HOME > 社員インタビュー

リクルート情報

社員インタビュー

本社 営業部 伊藤祐介

2018年3月入社

いつも笑顔を絶やさず 人間関係構築力を 日々磨いています!

営業職のキャリアをお持ちだそうですが、不動産業界は初めてですね。
友人が不動産業界で働いており、業界については多少は耳にしていました。また、仲介業者さんへの販売活動は、数字面のノルマの概念が一般的な不動産営業とは異なるので、業界未経験でもできそうな気がしたので。

八正建設で働こうとお考えになった理由は?
地元であることが大きかったですね。昔、すぐそこの焼肉屋さんでアルバイトをしていたんですよ(笑)。土地勘があるのが私の強みだと思いました。当社は営業エリアが限定されているので、お客様に対しかなり手厚くフォローできます。長く住まわれた方が代替わりする時に再度ご紹介いただけるなど、八正建設は地元にとても身近な存在になっていると感じています。

入社して半年が過ぎ、お仕事にも慣れて来られたのでは?
半年間は主任に同行して仕事の流れを身に付け、今は決済や契約などの業務も大体1人で担当しています。と言っても、不動産知識ゼロからのスタートでしたので今でも大変です。実際、初めて1人で決済業務を担当したとき、きちんと理解しないままお客様に説明してしまい、しまいには頭が真っ白になってしまったんです。本当に恥ずかしくて、二度とあんな思いはしたくないですね(苦笑)。

苦い経験を経て今があるのですね。
その時に、後から上司にしっかり教えてもらったので、今では一連の業務をスムーズにこなすことができています。八正建設の上司や先輩は、決して甘いわけではありませんが、頭ごなしに厳しく注意することはありません。社長も度々「最近どう?」と気に掛けて下さいます。何でも教えて下さるので、疑問があればすぐに聞くようにしています。とにかく毎日が勉強です。

上司や先輩と良好な関係を築いておられるようですね。社内の雰囲気はいかがですか?
慣れるまではさほど時間は掛かりませんでした。地元ということで馴染みやすかったのかもしれませんね。私のお勧めのお店も皆も知っている所ばかりでしたし(笑)。人数が多くないので、他の部署との連携が取りやすいのが良いですね。休みもきちんと取れ、家族と過ごす時間も増えたのが嬉しいですね。女性の営業職でも働きやすいと思います。

今後はどのように成長していきたいですか?
八正建設での営業は「人間関係の構築力を磨いていく場」だと思うんです。業者さんとの関係を深めることで、横の繋がりも広がっていきます。周りからコミュニケーションを取りやすい人物だと思ってもらえれば、仕事をしやすくなりますよね。そのために、笑顔を絶やさず話しやすい雰囲気作りを心掛け、まめに連絡を取るようにしています。情報提供など、業者さんが物件を販売しやすい環境を整えることも大事にしています。まずは1件仕入れを実現するのが当面の目標であり、ゆくゆくは仕入れから販売までを自ら担当できるようになりたいです。

応募を検討されている方に先輩から一言お願いします!
住まいづくりを、仕入れから設計・企画・販売までトータルで見ることができるのは楽しいですよ。家は残るものなので、大きなやりがいがあります。最初の頃は物件管理も担当するので、販売活動以外も進んで取り組むことが大切です。ちょっとしたこともきちんと報告する、基本的なコミュニケーションを取れる方なら、続けられる仕事だと思います。